心より感謝申し上げます。

大変多くの皆様にご来場ご高覧賜りました、
第2回 環境書道展「森から海・・・そして未来へ」は、
笑顔に包まれ閉会致しました。

展覧会場入口から

「大変意義深い展覧会ですね。」
「たくさんの気付きがありました。」
「2日間で終えるのは惜しいです。もっと沢山の方に観てほしい展覧会ですね。」
「こんなに素敵な展覧会を観る事ができて、贅沢な思いです。」・・・
と、身に余る有難いお言葉の数々を沢山頂戴しました。

「素敵な空間で、なかなか帰れないでいます。」
「書の魅力に改めて気付かされました。」・・・
とのお声も多くいただきまして、ご来場の方々が、ゆったり長いお時間をかけてご鑑賞、お過ごしくださいました事へも、
玲書館一同、心より御礼申し上げます。
書の楽しさが発信出来るよう、一層精進して参ります。

末筆となりますが、本展覧会の開催にあたりましては、世田谷区、世田谷区教育委員会にはひとかたならぬご支援を賜りました。特に林野庁、公益社団法人国土緑化推進機構、環境省・国連生物多様性の10年日本委員会には多大なご協力を賜りました。
更には多くの団体、個人の方々に並々ならぬご賛同をいただきましたことに、館を代表致しまして深く感謝を申し上げます。

                    日本文化書道院 玲書館
主宰  山 本     玲 葵

6/15.16 は 三軒茶屋でお会いしましょう!

書道展が始ります 🌿
皆さんも森へ海へ行きたくなる!
そして、きっと書きたくなる️!
元気の素をチャージ出来る、玲書館の展覧会です!

6月15日オープニングの
書道パフォーマンスは見どころ満載❕

沢山の笑顔が皆様をお待ち致しております!
ぜひお誘い合わせでお出掛けください。

この展覧会は
東京の間伐材を使用し製作された「東京の木の紙」や
森林保全を目的に製作された「竹紙」を使用した
🌱 国連グリーンウェーブ登録企画の環境書道展です。 .
環境へ配慮した紙へ、玲書館の皆さんが
森や海といった雄大な自然に、
身近な又は感覚的なものから思いを巡らせ
綴った言葉の数々が作品として並びます。

樹齢1000年を越えた屋久杉やアロマからも
元気の素をチャージ️してください!

6/15.16は三軒茶屋でお会いしましょう!!

 

書くことは楽しい! <大人たちのペン編>

いつかお仕事が落ち着いたら・・・、いつか家庭が一段落したら・・・、
いつか・・・ いつか・・・ と歳月を過されていた大人の方々に
漸くその ” いつか ” がやってきたのです!
ご年齢、男性や女性などにかかわらず、やっとの思いでこのお教室に辿り着いた方ばかり。
ですから・・・ 書く、書く、書く、書く、書く・・・

わあ!
皆さんの作品を重ねたらこんな厚さに・・・!

外野の目も気にせずご自宅でお教室で、嬉々として筆やペンを握ります。
だって、書く事は楽しいから!

そんな皆さんが大いに発奮するのは、年に一度の春のペン特別昇段級試験(希望者受験制)です。
理想は高く、難しいから続けることに価値がある。
この春も、皆さん猛烈に熱く書き込みました。

~生徒さん方の素敵な作品~

お教室の皆さんに、どうしてそんなに書くの? と尋ねたら、口を揃えてこんなお返事が返ってくるでしょう。
「 だって書く事は楽しいから! 

お教室で、いつか・・・と、大切な思いをあたためていらした方々とお稽古をご一緒出来る事は幸せです。
さて、私も書こう!!
皆さんもご一緒に書きませんか!

 

※ 一般部は、残席数がわずかとなりました。
19時半からは一部満席となり大変混みあっております。)
ご入会ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。

あなたの書きたい言葉は何ですか?

新年号の発表と共に 新年度が幕開けました。
平穏な歳月が、ひとつの時代となりますようにお祈り致します。

お教室へフランスから書道体験の方がお見えになられました。
医師で学者のご夫妻は定期的に来日、日本文化に造詣の深い方々です。
香りに敏感なお国とあって、墨の香り、微かな室内のアロマにまで意味を求められる。
何て素晴らしい感性なのだろう。

墨を磨るお時間にも興味と理解を示してくださり「とても心地好い」と語る。
筆のやわらかな特質に驚き、ままならないものを操りながら1枚毎にコツを得てゆく。
筆が自分と一体化してゆく感覚に陥り、書の奥深さを感じた」と没頭したお時間を熱く語ってもくださる。
最後に何かお好きな言葉を書きませんかと話すと、彼女は「人生」と書きたいと仰った。

初の書道体験で見事に書きあげた言葉「人生」。

その豊かな文字と包容力溢れる笑顔に、マダムの人生を、そしてその歩まれた時代をも重ねみる・・・。

私はこうしてまた書の魅力に気付かされ、胸を熱くする。

多くの外国人が自身の大切な言葉をもっていらっしゃる。

あなたの書きたい言葉は何ですか?
わたくしは・・・

春を告げるお便り

まだ春浅い2月、梅の香りをのせて1通のお便りが届きました。
お仕事で遠く離れた生徒さんからでした。

お手紙は、便箋を選び、ペンを選び、言葉を選び・・・
そんなところから始まる特別なお時間のように思います。
そうこうして、やっと机に向かう・・・

このお手紙がどんな風にして、わたしの手もとに届いたのでしょう・・・
思いを馳せて封を切る瞬間は格別なものです。

わたしもまた、そんなお時間を過しお返事をしたためます。

桜前線が北上してくるこの時期は、入学、就職など人生の節目を迎える方も多くいらしゃる事と思います。
是非ペンをお手にとって、思いを託すお手紙を綴ってみてください。

書き初め硬筆がんばったね!

小学2年生硬筆書き初め部門「東京都立公立学校美術展覧会(東京都教育委員会)」で、お教室の生徒さんが選抜され東京都美術館展示となりました。
国立、公立、私立小学校1、2年生対象の書き初め硬筆課題はそれぞれ別ですが、 共にきれいな文字が書けるようがんばりました。

皆さんが冬休み中の特別お稽古で、一緒に粘り強く書いていた姿が印象的でした。その努力はきっと花開きますよ! これからも一緒にお稽古に励みましょうね。

展示は2月13日(水)~19日(火)迄。おめでとうございます。

 

生物多様性アクション大賞・賞状です!

国連生物多様性の10年日本委員会による「生物多様性アクション大賞2018」
【つたえよう部門・入賞】 の賞状をいただきました。
下記のURLより活動の内容を是非ご覧ください。
  http://5actions.jp/show/


野外ボランティア後、里山文化や環境問題を見つめ考え、更にその感動
を現場で毛筆作品とし表現したり、フォーラム等で発表したりする取り
組み。
筆を持ったアクション!をこれからも楽しく多くの皆様と継続して参り
たいと思います。

書き初めお稽古

本年も書き初めを終えました。
年末から取りかかった作品。
沢山たくさん書きました。

「もう1枚だけ、先生書いてもいいですか?」
得意なところ、苦手なところ、作品は全ての文字が上手く書けるわけではありません。
「上手く書けても書けなくても、次で終わろう! もう1枚だけね。」

・・・結果が全てではありません。

頑張った、と自分に言って筆をおく。
“ 自分に折り合いをつける ” という事も書を通して学びます。

真面目に打ち込む姿は、小さいお子さんでも大人でもカッコイイ!!

謹賀新年 2019年

謹んで初春のお慶びを申し上げます。

2019年、光をたくさん浴びてお教室のお稽古始めです。

朝の光が気持ち良いように、書の時間はなんて気持ち良いのでしょう!!
視界に広がる紙の真白な輝きが、お陽さまを浴びた時の爽快感に似ているからでしょうか・・・
真白な紙に筆を下ろす瞬間の緊張感と、書き終えた時の達成感。
今年もたくさんの方と書を通して、楽しみの場や学びの場を共有出来ましたら嬉しいです。

笑顔あふれる一年に致しましょう!

本年もどうぞよろしくお願い致します。

冬休みに入ります。新年は・・・

キーンと冷たい風にのって今年最後にお教室を訪れたのは
   ・・・・・銀杏の葉っぱさん。

この銀杏さん、歩道を挟んだお向かいの街路樹さん。
10月のオープン以前からお教室の様子を見守ってくれています。
というか、こちらが新参者。おやおや何をしているのかしら?
と興味津々に思っていてくれたかも!
冷たい風に乗って、この年末ようやく室内までお越しです。

黄金色の絨毯にもなってくれる銀杏さん。
季節を感じる事の出来る樹木が傍にある、こんな環境に幸せを感じます。

平成30年も僅かとなりました。
銀杏さん、新年も私達の楽しいお喋りを聴いて一緒に笑ってくださいね。

2019年のお稽古初めは
  1月4・5日 が書き初め特別お稽古
通常のお稽古は8日(火)からです。